Event is FINISHED

Shibuya Showcase Fest 2019 - ラテンアメリカナイト - The Latin America night -

Description
Open : 18:30 - Start : 19:00

19:00 ~ 19:45 - Santiago Valencia (Chile)
20:00 ~ 20:45 - Nicola Son (France/Brazil)
21::00 ~ 21:45 - Escalera al Cielo (Japan)
22:00 ~ 23:45 - Mareo (Chile)
Interludes : Masaki69
  • Santiago Valencia
Santiago Valencia, songwriter, composer and singer, develops mainly in pop music mixing styles that are part of his musical heritage, such as Rock & Roll, ballad and blues, among the most representative. His urban thematic, loaded of everydayness, talks us about life, love and the city. Santiago recorded his first album “Algo está cambiando” in the CHT studios in Santiago of Chile under the musical production of Ernesto Duboy (“Matahari”. “Algo está cambiando” was edited of independent and It has two singles, “Padre Sol”, and “Algo está cambiando”. At present Santiago is by promoting your music in the national and international level.

Santiago Valenciaは、ソングライター、作曲家とシンガーである。彼が演奏する主な音楽スタイルは、ロックンロール、バラードとブルースなどの音楽ルーツをミックスしたポップ・ミュージックだ。 彼は都会をテーマにした、日常が満載している、人生、愛と街について描いた歌詞を歌う。Santiagoのデビュー・アルバム『Algo Esta Cambiando』は、音楽プロデューサー、Ernesto Duboyにより手がけられ、チリのサンティアゴにあるCHTスタジオで録音された。楽曲「Matahari」と「Algo está cambiando」は別途に編集され、「Padre Sol」と「Algo está cambiando」の2枚のシングルがリリースされた。現在、Santiagoは国内外で自身の音楽プロモーションを展開している最中だ。
https://www.youtube.com/watch?v=ccMQuXN53e4
  • Nicola Son
A native Parisian of Armenian descent, singer, songwriter and guitar-player Nicola Són has been a permanent resident of São Paulo, Brazil's largest city, for the past 5 years. In a previous album trilogy and an EP with the hit “Amanhã já era” (+ than 280.00 streams), the artist explored different areas of Brazil and their specific rhythms. He recorded great names of the Brazilian scene, João Donato, Casuarina or Zeca Baleiro. In April 2019, Nicola Són releases a single in the vein of “Amanhã já era”, but this time in 2 versions, Portuguese and French: “A pura essência da malemolência” and “La malémolence”. To celebrate the release of this new soulful track, Nicola Són will be making various tours: from May to September in France and Germany, and in October in Japan and New Zealand.

アーメニア系統のパリ出身のシンガー・ソングライターとギタリストであるNicola Sonはこの5年間ブラジルの最大の都市、サンパウロに住み続けている。過去の3部作とヒット作「Amanhã já era」 (28万回以上のストリーミング回数を獲得)が収録されているEPにこのアーティストは、ブラジル各地の多数の特定なリズムを探求している。また、彼はブラジル音楽のレジェンド、João Donato、CasuarinaやZeca Baleiroとレコーディングしている。 2019年の4月にNicola Sonは「Amanhã já era」流のシングル2種類、「A Pura Essência da Malemolência」と「La Malémolence」の楽曲をそれぞれポルトガル語とフランス語の2ヴァージョンで出す。このソウルフルな新曲の発表を祝うために、Nicola Sonは多数のツアーを開催する:5月から9月までフランスとドイツ全土を回り、10月には日本とニュー・ジーランドのツアーを行う。
https://www.youtube.com/watch?v=pma1YNtlGhQ

  • Escalera al Cielo (Japan)
Escalera al Cielo. Japanese-style Latin instrumental Spanish guitar with a focus on Captain.Jk, the Spanish word for stairway to heaven. Weaving percussive and beautiful melodies with two gut guitars. Formed in 2011 they plays in live-houses, clubs, streets, bars, campsites, and all style-free activities in Tokyo. Active in many fields, including performing at the earliest summer festivals in Japan, film songs, TV commercials, BGM such as BSTBS Japan Historical Appraisal. JOHNSONS MOTORCAR's Nagoya CLUB QUATTRO performance and Nora Jones band guitarist Adam Levy's first visit to Tokyo in Japan will be selected and attracting attention. It is active based on the concept of ""I want to express the aesthetics of withering such as loneliness with Spanish guitar"". 2013 1st ALBUM “EAC” nationwide release. 2016 2nd ALBUM “Plays Strike, Sounds Classic.” Nationwide release. 2017 1st 7inch EP `` Little Green Bag '' release.","Escalera al Cielo.

エスカレラ アル シエロ Captain.Jk(上甲 大夢)を中心に音を奏でる和製ラテン系インストゥルメンタルスパニッシュギターミュージック。 エスカレラアルシエロはスペイン語で天国への階段の意。 ガットギター2本でパーカッシブで美しいメロディを織り成す。2011年結成。 ライブハウスは勿論、クラブや路上、レストランやバー、キャンプ場やウェディング等、都内を中心にスタイルフリーな活動を展開中。自主企画「Suns of Escalation」では吉祥寺ROCK JOINT GBにて開催し、200人の動員を得る。 日本一早い夏フェスへの出演や、映画の挿入歌やTVCM、なんでも鑑定団、BSTBSにっぽん歴史鑑定などのBGMへも楽曲を提供し、多方面で活躍中。JOHNSONS MOTORCARの名古屋CLUB QUATTRO公演や、ノラジョーンズbandのギタリストAdam Levyの初来日の東京公演のオープニングアクトに抜擢され、注目される。 「侘び寂びといった枯れた中の美学をスパニッシュギターで表現したい」をコンセプトに活動する。 2013年 1st ALBUM「E.A.C.」全国release。 2016年 2nd ALBUM「Plays Strike,Sounds Classic.」全国release。 2017年 1st 7inch EP「Little Green Bag」release。
https://www.youtube.com/watch?v=NKQf3YAL8nc

  • Mareo
Mareo’s music and power consists of electronic, pop and hispanic american music. Its emotional lyrics were born from realism and fantasy. Mareo’s creative process starts with a concept that develops to a bigger audible imaginary unifying every single detail into the same idea. Mareo seeks to broaden her musical horizon, to make an international concept for it, relying on meticulous work to achieve its goals. In fact, Mareo is in the Mix stage of its first album, which was recorded at CHT Studios, in Santiago, Chile, and the one that will premiere soon.

Mareo ラテン系のエレクトロ・ポップ Mareoの音楽と原動力は、エレクトロニック・ミュージック、ポップスとヒスパニック系のアメリカン・ミュージックから成り立っている。彼女自身が歌うエモーショナルな歌詞は、現実性と空想から産み出されている。Mareoのクリエーティヴなプロセスは一つのコンセプトから始まり、大きな聞こえる描写へと発展し、やがてその同じアイディアにすべての固有な詳細がリンクされる。Mareoは彼女自身の音楽的な視野を広げたく、国際的なコンセプトを構築し、この目的を達成するために念入りの作業を当てにしている。実は、チリのサンティアゴにあるCHT Studioで録音されたMareoのデビュー・アルバムは現在ミックスダウンの段階まで来ており、近いうちに初演される予定です。
https://www.youtube.com/watch?v=wV2JiFegynY
Fri Oct 4, 2019
7:00 PM - 11:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
Advance ticket (+ 600 円 Drink at Door) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
グローリア宮益坂Ⅲ南館 B1F, 1 Chome-10−7 Shibuya, Shibuya City Japan
Organizer
GIG IN JAPAN
1,270 Followers

[PR] Recommended information